立花証券 金融取引業者関東財務局長(金商)第110号 日本証券業協会会員
立花証券

取り扱い商品

このページは営業員を通じたお取引をご希望されるお客様へのご案内です。
インターネットを通じたお取引をご希望のお客様は、本項とはルールが異なりますので、e支店のホームページまたはタチバナストックハウスのホームページ をご覧ください。
立花証券で取り扱っている商品についてご案内します。

国内株式

株式の特色
株式の特色として株式を購入した投資家は、会社の株主になります。
投資家から見て上場株式であれば、いつでも購入、売却ができる点と払い込んだ資金以上の責任を負うことはないという点があります。
株式の魅力
株式投資には様々な魅力があります。
株価上昇による値上がり益の他、株式を保有することによる配当金、株主優待、株主分割などを受け取ることができます。
株式のリスク
株式投資には価格変動リスクがあります。 変動要因としては企業業績、需給関係、内外の景気動向などがあります。

債券

大切な資産運用の手段として債券も欠かせません。
当社では主に「個人向け国債」を取り扱っています。
募集期間、満期等については営業店にお問い合わせください。

投資信託

投資信託は多くの投資家からお預かりした資金を専門の運用機関がさまざまな有価証券に投資し、 その運用成果をすべて投資家にお返しするものです。
一方でリスク要因を考えながら、安全性、収益性、投資資金の性格等をよく見極めて投資することが肝要です。
投資信託の魅力
  1. 小額資金から購入できる
  2. 自分に代わって運用のプロが銘柄を選別し、運用する
  3. 分散投資
  4. 取扱い商品(一例)
    ファンド名 運用会社
    短期豪ドル債オープン(毎月分配型) 三井住友DSアセットマネジメント
    ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型) 大和証券投資信託委託
    DIAMグローバル・ボンド・ポート アセットマネジメントOne
    ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型) 大和証券投資信託委託
    スーパーMMF ブラックロック
リスク要因
  1. 価格変動リスク
  2. 金利変動リスク
  3. 発行体に係る信用リスク
  4. 為替リスク

先物・オプション

少ない資金で比較的大きな取引が可能ですが、指数の変動により元本損失が生じることがあります。

外国株(米国株・香港株等)

値上がり益、配当金、為替メリットを享受することも可能です。
一方リスクとして価格、為替の変動により元本の損失が生じるおそれがあります。
また、外国株式等の取引の場合は、約定代金に大して外国株券取次ぎ手数料と、円決済する場合には為替手数料が必要となります。